木々の中
手を握って
聴診器
やぶもと泌尿器科外観

​阪神甲子園駅徒歩1分

​トイレのお悩みはすぐに専門家にご相談ください。

些細なことでも一人で悩まずにご相談ください。

当院は、患者様や地域の皆様の視点に立った医療を行っていきたいと考えています。
成人はもちろんの事、小児の泌尿器に関する相談・治療にも力を入れています。
街並み
ライン-1_edited.png

​泌尿器科とは

泌尿器科では、尿の産生から排尿までの尿路に関係する臓器(腎臓や尿管、膀胱など)をはじめ、生殖器の悩みや病気を診察および治療いたします。対象とする臓器の形態は男性と女性では大きく異なるため、前立腺肥大など男性だけの疾患もあれば、膀胱炎など女性に目立って多い疾患もあるのが特徴です。

 
以下のような症状はご相談ください(男女共通)

●尿が出にくい、出ない
●尿に勢いがない
●尿に血が混じる
●おしっこが近い、回数が多い
●夜間、何度もおしっこに起きる
●尿が残っている感じがする
●尿が漏れる

●尿に血が混じる
●足がむくむ
●腰や背中が痛む
●腎臓の辺りが痛む
●尿道から膿が出た
●(健診などで)血尿やたんぱく尿を指摘された など

男性で以下のような症状はご相談ください

●睾丸や陰嚢が腫れた
●陰茎、陰嚢が痛む
●陰茎、陰嚢がかゆい
●亀頭、包皮に水疱やイボができた
●PSA(前立腺特異抗原)値が高いと言われた
●男性更年期障害のような気がする
●勃起力が低下した など

女性で以下のような症状はご相談ください

●お腹に力が入ると尿が漏れる
●急におしっこがしたくなり、トイレが間に合わなくなる
●おしっこが近い、回数が多い
●腟から丸いものが脱出する
●尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある 
●慢性骨盤痛症候群(明らかな原因が無いのに、下腹部痛がある) など

診察室イメージ

​診療科目

聴診器

​泌尿器科

子ども

​小児泌尿器科

●頻尿・尿失禁など排尿異常の相談
●腎臓膀胱・前立腺の健康相談
●小児・女性泌尿器の健康相談
●男性性器の相談

●往診もご相談下さい。

ライン-1_edited.png

​診療時間

診療時間.jpg

​【休診】火・木・土曜午後、日、祝日

当院では対話支援機器『COMUOON』を導入しています

当院では、耳が聞こえにくい患者様や、ご高齢の患者様が、安心して診療を受けていただけるよう卓上型の対話支援機器の『COMUOON』を導入しております。

対話支援機器

・一般尿検査
・尿顕微鏡検査
・経腹的超音波検査

可能な検査   ≪保険診療

・カラードップラー超音波検査
・軟性鏡による膀胱鏡検査(NBI装置あり)
・尿流測定検査
・一般レントゲン検査

22906675_m (1).jpg

​診療案内

​泌尿器科全般
可能な検査   ≪保険診療

過活動膀胱

腎盂腎炎

膀胱炎

尿路結石症

前立腺肥大症

前立腺炎

子宮下垂、子宮脱

ED  自由診療(診療費は税込み)

〈治療内容〉

医薬品を内服することでED(勃起不全)の治療を行います。

〈費用〉

ED治療薬 1日1錠 必要時服用 850円~1000円程度

〈通院期間・回数〉

個人差はありますが、1~3年程度で月1~2回通院します。

〈リスク〉

ED治療薬につきまして、心臓疾患や高血圧などをお持ちの一部の患者様には処方できない場合もございます。

また、服用により、頭痛、顔のほてり、腹痛、視覚障害などの副作用が起こる可能性があります。

​小児泌尿器科
小児泌尿器科で診る主な疾患

夜尿症

包茎

おちんちんの痛み

子どもの頻尿

このような症状がみられたらご相談ください
  • 幼児期を過ぎても夜尿症(おねしょ)が治らない

  • 尿検査で血尿やたんぱく尿を指摘された

  • おしっこの色や臭い、回数などがおかしい

  • おちんちんの皮が剥けない(男の子)

  • おちんちんを痛がる、痒がる(男の子)

  • おちんちんの先が赤く腫れている(男の子)

  • またの部分を痛がる、痒がる(女の子)

  • おしっこが出なくて、痛がる など

 
 
街並み

​医院案内

院長
やぶもと泌尿器科外観

​院長  藪元 秀典(やぶもと ひでのり)

専門医・認定医・所属学会

日本泌尿器科学会 専門医
日本小児泌尿器科学会 認定医
日本医師会会員​

連携病院

明和病院
兵庫医科大学病院
西宮市立中央病院
県立西宮病院など

​やぶもと泌尿器科

〒663-8176

兵庫県西宮市甲子園六番町18-16

0798-48-8601
​アクセス

駐車場

鉄道:阪神線・甲子園駅西改札口徒歩1分 甲子園クリニックセンター

バス:阪神甲子園停留所・徒歩1分

有:甲子園クリニックセンターの建物を取り囲むように、建物の北側と西側に配置されています